英語の実力テストで点数が取れないときはどうすればいいのだろう?

楽習塾

047-438-8945

〒273-0047 千葉県船橋市藤原6-12-18

営業時間:16:30~22:00

ブログ

英語の実力テストで点数が取れないときはどうすればいいのだろう?

楽習塾ブログ

2017/05/15 英語の実力テストで点数が取れないときはどうすればいいのだろう?

英語の実力テストで点数が取れないときはどうすればいいのだろう?

 

こう思っている人の大半は、中学生であろうと、高校生であろうと、「中間テストや期末テストではそこそこできるのに」という枕詞が付いています。

 

この枕詞が付いていない人は、付けられるように、定期(中間、期末)テストで少しでもいい点を取りましょう。

 

この先を読む前に、「英語の定期テストで点数が取れない人はどうしましょう?」を読んでください。

 

それでは、「実力テストでよい点を取る方法」の説明をはじめます。

 

まず、「基本単語」をすべて覚えているかどうかを確認してください。

 

(基本単語」とは、中学一、二年で習う単語だと思ってまず間違いないです。

 

具体的には、数字 one two three からはじめて thousand くらいまで

 

順序数 first second third から hundredth くらいまで

 

曜日 月 季節 昨日 今日 明日 代名詞(すべての変化も)

 

家族関係 父母 祖父母 息子 娘 孫 夫 妻 おじ おば いとこ

 

基本的な動詞 be動詞 do have go take get など

 

中学2年生の教科書に載っている「不規則動詞変化表」で扱っている動詞

 

その他 play study walk stay など

 

基本的な前置詞 in on at to of for with by from about

 

基本的な形容詞 大小 large big small little

多少 many much few little

色  black white red blue yellow green

基本的な副詞 sometimes usually always often

基本的な助動詞 will can must (have to) may should
上記のすべての単語を覚えたら、普通の(どこかの市が採用している)中学二年生の英語の教科書に使われている単語をすべて覚えましょう。

 

その教科書を意味を確認しながら何度も読めば覚えられます。一種類の教科書で大丈夫でしょう。

 

「その教科書を意味を確認しながら」の方法は

「英語の定期テストで点数が取れない人はどうしましょう?」を参照してください。

 

この先の勉強方法としては、中学三年の教科書を使っても、過去に行った実力テストの問題を使ってもかまいません。

 

そこに書かれている英文を読んで訳していきましょう。

 

「英語の定期テストで点数が取れない人はどうしましょう?」と同じように。

 

以上を実践することができれば英語の実力は飛躍的に伸びます。

 

 

楽習塾

電話番号 047-438-8945
住所 千葉県 船橋市 藤原 6-12-18
営業時間 16:30~22:00
定休日 日曜日

当塾のfacebookページはこちら
http://bit.ly/2dblFjZ

TOP